【リリース】Baby Tech Award Japan 2021「学びと遊び部門」受賞しました!



弊社シンクアロットが提供する、日本と世界のこどもたちをオンラインでつなぐ世界交流サービス「EN-TRY(エントリー)」が、『Baby Tech Award Japan 2021 with アカチャンホンポ』の「学びと遊び」部門において優秀賞を受賞しました。幼稚園・保育園に特化した、異文化交流をサービス化したことが評価され、初応募にして受賞に至りました。

 


■世界交流サービスEN-TRY(エントリー)とは

こどもたちに世界に触れ、世界観を拡げてもらう為に、日本の幼稚園・保育園のこどもたちと、海外園のこどもたちをつなぐ、オンラインによる海外交流サービスです。海外10カ国150園以上とのネットワークと、交流実績100回以上によるノウハウに基づいて、ぴったりの海外園とのマッチングから、交流パッケージ、コミュニケーション、ライブ時の翻訳・ファシリテーションまで一気通貫でご提供しています。



■審査員コメント(抜粋)

『コロナ禍ということもあり機会が減った海外交流が幼少の早い時期からの体験に越したことはないのは勿論であり、企業が間に入る事によりきっかけを提供出来るところは素晴らしいと思う』


『手のかかる異文化交流のつなぎ役としての機能をサービスとして磨いていく姿勢に共感した。コミュニケーションのツールはテクノロジーの進展によって進化していくと思うが、日本、海外それぞれの園のインサイトの部分をしっかりと把握されて、園同志の国際交流は当たり前の世界を作って欲しい』


『国際交流のきっかけを提供する幼稚園・保育園のプログラムの一環として、いいものだと思う』


などのコメントを頂いています


■BabyTech® Award Japan とは

国内に流通するベビーテック商品・サービスを表彰するイベントで、2019年に国内で初めてパパスマイルが開始。第3回目となる2021年は9月6日に書類による一次審査通過商品を発表しました。12月1日・2日には、関連イベントを実施します。


審査委員

学校法人菊地学園 理事長 菊地 政隆さん(まあせんせい)

株式会社 企(くわだて)代表取締役 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任准教授 クロサカ タツヤさん

朝日新聞社 イベント戦略事務局 次長 鵜飼 誠さん

ゲスト審査委員

ミュージシャン ダイアモンド✡ユカイさん

審査委員長

株式会社パパスマイル 代表取締役 永田 哲也

閲覧数:196回0件のコメント